11月勉強会レビュー:講演会担当所員 柏田

レビュー執筆 : 講演会担当所員 柏田 裕介(㈱アドシン

タイトル   : 君の値は。

プレゼンター : 初級マーケター 荒木 憲二(熊本県立阿蘇中央高校

 

 

今回のプレゼンターは阿蘇中央高校教諭 荒木先生。

現役の先生による講義楽しみにしておりました。

 

導入部分でグループワークを通してマーケティングを授業に取り入れる様子などご紹介いただき、感心致しました。

 

大ヒット中の映画「君の名は。」は、なぜあんなに人気があるのか?の分析からはじまり、

そういえば映画ってどこで見ても1800円だよね。というプライスの問題提起ができたところで

本編である PRICE 君の値は。 が上演開始となりました。

 

では、なぜ1800円なのか

マーケティングの基礎となる4p4cについて、

それらを組み合わせたマーケティングミックスについてわかりやすく説明していただき、

映画興行の仕組みについては、

映画製作会社映画配給会社映画館消費者という流れがあり、

最近は映画配給会社が映画館を運営するケースが多い。

TOHOシネマズ、ユナイテッドシネマなどそうですね。)

 

プライス戦略において、販売価格の決め方は競争価格、管理価格、統制価格で分類され、

映画の場合は管理価格に分類され、各社の割引によって価格競争が起こり、

割引の条件が集客のきっかけとなることが分かりました。

ワークでは、

「映画館の平日の集客を伸ばすための新しい割引メニューの提案」

「阿蘇神社の参道にある『なびし』さんが、赤牛丼で独走状態にある『まきん食堂』さんに追いつくためには

価格とプロモーションをどのように見直せばいいか」

というワークを行い、

割引メニューの提案では研究所代表 宮本氏のぶっ飛んだ割引なども飛び出し、充実した内容となりました。

 

生徒さん相手に日々授業を行なっている荒木先生の講義は

わかりやすい説明と講義としての安定感が素晴らしく、

ベテランプロレスラーの試合運びや、

広島カープ優勝の原動力となったセットアッパー ジャクソン並みの安定感がありました。

 

映画 君の名は。は見ましたか?という質問では、

皆さんリア充のようで、参加者のうち見ていないのは自分だけでした(涙)

 

街ゆく女性に「君の名は?」と声をかける勇気があればなあと思うナイター(勉強会)でした。

 

次回12月はマーケティング研究所代表 宮本氏の講演と忘年会もありますので

皆さま奮ってご参加ください。