11月勉強会レビュー:勉強会員 河野

レビュー執筆 : 勉強会員 河野 祐生(㈱ダイケン

タイトル : 小さかったら高く跳べ!

       ~スポーツに見るプロモーション~

プレゼンター : 初級マーケター 溝口 敏博(㈱GMC



お疲れ様です。確か9月頃から勉強会に参加させていただいております。

広告業ですがマーケティングはおろそかになりがちで毎回楽しく勉強しております!

レビューを書かせていただきます。


勉強会内容 ↓↓↓↓

■プレゼンター経歴

金剛㈱→デジタルハリウッド→フリーウェブクリエイター→エヌプラスコネクト立ち上げ→GMC

※溝口さんの経歴、面白いなと思いました。よくよく聞いたら大学のサークルの先輩でびっくりです!!


■スパッド・ウェッブ(今回のテーマの語源)

1986年NBAオールスタースラムダンクコンテスト優勝

168cm(垂直跳び117cm)

ミズノ(ランバード)CM 小さかったら高く跳べ

※私もバスケやっていますのではじめにネタとして出てきて嬉しかったです。

 確かに彼の活躍は、色々な人に勇気や無限の可能性を与えたのではと思います。



■五郎丸歩の市場価格

→1500-2000万ほどと言われる 2015年10月のCM1本の契約料

※以外と安いなと感じます。ラグビーは今、企業へのチケット売りが3/4を占めるそうで、

一般があまり入れずに、チケット完売しても企業席の空席が目立つそうで問題になっているようです。


■マーケティングミックス

STP

市場を細分化して(Segmentation)

ターゲット層を抽出し(Targeting)

ターゲット層に対する競争優位性を設定する(Positioning)


4P (→プロダクトアウト)

製品(Product)

価格(Price)

流通(Place)

販促(Promotion)


4C (→マーケットイン)

顧客価値(Customer Value)

顧客にとっての経費(Cost)

顧客利便性(Convenience)

顧客とのコミュニケーション(Communication)


■プロモーション

消費者行動モデル→アイドマの法則 →感情でモノを買っている!!

注意Attention →興味Interest →欲求Desire →動機Motive →行動Action

(認知段階)   (     感 情 段 階     )  (行動段階)


今はAISASアイサスの法則、サーチSearchとシェアShareが入ってくる

プロモーション手法は、

広告、狭義的な販促サンプリングや景品、イベント活動、パプリシティ、ダイレクトマーケティングカタログ、電話、メールなど

※サーチとシェアというのは、なるほどなーと思います。

確か電通の提唱モデルです。確かに自分でもモノ買う時にレビューみたり、

価格をいくつかのサイトで見比べたりしますので、消費者行動も変動していくものだと実感できます!


■Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島 観客動員数、対前年度比34万人増(21.7%増)

20%増の訳

ボールパーク型、野球を見るより家族で楽しむテーマパーク化、パーティデッキやネソベリア、カープ女子女性向けのイベントなど、

※ただのマエケン・黒田人気かと軽視していましたが、ちゃんと球場自体がうまくやっているんですね。

 アメリカのボールパークという考え方を導入しているというのはとても興味をそそりました。素晴らしい!


■オカダカズチカ、レインメーカー

新日本プロレス11億→25億に、ブシロードが買収してからの話

とにかく宣伝して流行っている感を出す

駅や電車ジャックして広告、かつてのプロレス世代もいて、広告が口コミで広がったり、

代表の考えは「全てのジャンルはマニアが潰す」

新規をいかに取り込んでいくか、女性ファンなど

※正直プロレスの興行収入がそんなに増えているとは知りもしませんで目からウロコでした。

 昔の方が流行っていたと思っていたのにこれはとても意外でした。やはりビジネスという観点から物事を

 洗い直すということは大切なことだと感じます。


■ナイキ

エアマックスの再沸騰、ジャストドゥーイット、とにかくやる、経営方針にもその精神に

グレートアスリート、プロダクツ、コミュニケーション、

ナイキと消費者との親密さをどのように演出するか、CMにも一般の人がプロに混じってプレイしている、

より身近な存在に、体感イベントも

※さすがナイキですね、あれだけシンプルで洗練されたブランディングはすごく憧れます。

色々な企画CM、特にプロが日常に紛れ込むシリーズは、本当に見ていてワクワクしますよね。

 

■ワーク

「ラジオ体操第3DVDのプロモーション企画(よりたくさん売るには??・・・)」

今流行りのスポーツやエクササイズインストラクターやジムと業務提携

スポーツ試合前にマスコットや選手が体操して販売

人気ユーチューバーに依頼する

世界一美しい体操、内村航平とか体操金メダリストにキャスティングして動画作る、

ウェブで話題になり売れる奥様に流行る

ジェイソウルブラザーズをキャスティングしてダンスコンテスト

第3体操は、イケじい体操、草野仁、CM

水戸黄門風?

※みんなの意見を聞くと、やはりWEBで話題になって拡散を期待するものか、

既に人気の何かに乗っかって販売するかという大きく分けて2つの方向性だと感じました!

人の考えた意見は自分では思いつきもしないことばかりなので面白いですね。


【総評】

これまで何気なく体感したり、TVで見ていたりしてスポーツに関わるものが、

様々な形で工夫されてプロモーションされていることや、なんで流行っているのかなど、

その裏側を知れて普通に話題として聴いていて楽しかったですし、勉強になりました。

ラグビー人気などでグッズもたくさん売れると思いますが、スポーツの市場というものは、

チームや個人の成績やパフォーマンスに左右されやすいと思います。

盛り上がると一気に人気が出る分野やチームなどあり、グッズやその他での収入も増加すると思いますが、

低迷すればすぐ廃れやすいという二面性もあるのかなと思います。

スポーツをプロモーションするにあたっては、継続的・持続的な施策を考えることが重要ではと感じる次第でした。