6月勉強会レビュー:勉強会員 中村

勉強会員 中村良太(㈲ユー・アイ技研 板金加工業)

 

一部 ブランディング7つの原則~第1章から第9章まとめ

発表者 宮本さん

 

二部 ブランディング7つの原則~最終章~

発表者 岡村さん

 

今回は、昨年から取り組んでいた

「ブランディング7つの原則」最終章の解説および

今までの復習を含めて第1章から第9章までの内容を

掻い摘んで説明してもらいました。

 

まずここで言う「ブランド」とは、

世間一般では、所謂‘PRADA`や‘NIKE`等といった

企業名とほぼ同類項として一般的に認知されている意味合いとは少し違って

「変化するビジネス資産」として定義してあります。

 

 

あわせて、「ブランディング」とは

ここで言う「ブランド」の最大化を行う事と定義付けられています。

 

この本の中では、前述の定義付けされた「ブランド」を企業として理解し、

企業活動に活かしていく方法が記述されています。

 

1章から第9章まで各章では

それぞれ「ブランディング」における詳細な手段等が説明されており、

それぞれの章では具体的な例を挙げて学んできました。

 

最終章の第10章については

今まで学習してきた「ブランディング」の測定と

次のサイクルへのつなげ方をテーマに、解説を頂きました。

 

つまり、「ブランディング」とは

「ブランド」の形成・測定のサイクルを繰り返すことで

より企業の理想の「ブランド」へ近づけていく活動

のことを指す言葉なのでは、と解釈しています。

 

今回までのテーマとなっている

「ブランディング7つの原則」の本を読むだけでは

到底理解できなかったことも、

各章ごとに、具体的な企業名などを挙げて

解りやすく説明して頂いたこともあり、

自分なりにですが少しは理解できたと思います。