熊本マーケティング研究所とは?

熊本マーケティング研究所は、

2006年に熊本県立大学に赴任してこられた、

元・㈱電通の棟方信彦教授(現・頌栄短期大学学長)と、

前任の元・㈱電通の立山敏男教授の研究室で学んだ、

金剛㈱の企画チーム・チームリーダーの木本拓郎氏が発起人です。

 

熊本にマーケティングの裾野を広げようと、社会人向けの

読書・勉強会としてスタートしました。

主に、熊本県立大学のマーケティングゼミの卒業生を中心に、

数名~10数名での毎月開催でした。

 

途中、両発起人の転勤などもあり、

現在はR-CONNECTの宮本峻介氏を代表に、

初心者の方でも分かりやすい毎月1度の「勉強会」、

学んだ事を実際の案件を通して実践する「研究会」

マーケティングを通じた異業種の方との「交流会」

実績のある実務者を招聘して行う「講演会」

の4つの会に形を変えて開催しています。

 

学校の教員、酪農家、広告営業、WEBデザイナーなど、

参加されている業種は多岐に及び、

日常の業務では決して出会うことの無い方との

「学び」はきっと得るものも多いはずです。

ダウンロード
熊本マーケティング研究所概要リーフレット.pdf
PDFファイル 3.2 MB